ソードアート・オンライン アリシゼーション 第06話 アリシゼーション計画

SAO306_001.jpgSAO306_003.jpg
SAO306_004.jpgSAO306_005.jpg
人を殺せるAIを創る!? 今のAIは後から学習させるものだけど、菊岡がやってるのは魂と呼べる物をコピーして生まれた時から育てる、知能を創造する方法なのか。実際それが出来ていると。でも、人工フラクトライトは法を守りすぎる(性善説ですな)、それでは人を殺せないので、禁忌目録を破ることが出来る存在を創る=それがアリシゼーション計画か。キリトのような本物の人間を送り込めば人工フラクトライト達が変わるかもしれないと。国が関わっているからか大仰な話になってきたわ・・・面白いじゃあないの( ・∀・)


SAO306_002.jpg
キリトの治療はアリシゼーションのついでみたいなもんだけど、これしか方法がないならアスナも断れないか。


SAO306_006.jpg
川澄ナース素敵!


SAO306_007.jpgSAO306_008.jpg
爆弾おっぱい。完璧に奥さん状態やん。



 アニメ

2 Comments

-  

かなり壮大な感じになってきててワクワクする
主人公無し戦闘無しだけど面白かったです

しかしいきなり方言全開になったのは驚いたw

2018/11/12 (Mon) 23:43 | REPLY |   

閲覧者  

少し補足すると、トップダウン型のAIとはSiriのように「aと話しかけられたらbと答える」というような機能を極限まで進化させたような物です。
ユイはトップダウン型AIの最高峰ですが、実はそのユイですらも時々「それはデータにありません」というような回答をする時があります。
つまり、完全に想定外の事態が起きた際、人間ならばどうしたらそれを解決できるか試行錯誤しますが、トップダウン型AIはそこで止まってしまう訳です。
普通ならばそれでもあまり問題はありませんが、刻一刻と変化する状況への迅速な対応が求められる戦場ではそれでは困るので、人間と同じだけの知能を持ったボトムアップ型AIの開発が行われているわけです。

2018/11/13 (Tue) 06:33 | REPLY |   

Leave a comment